もうすぐお子さん、お孫さんの夏休み!

みなさんが子供の頃の夏休みと言ったら、どんな思い出があるでしょうか。

  • おじいちゃん・おばあちゃんのところへ泊りに行く。
  • 連泊で旅行に行く。
  • 友達や親戚の子供たちと、朝から晩まで遊び倒す。
  • 海やプールで真っ黒になるまで泳ぎまくる。

目を閉じると、もっとたくさんの思い出が浮かぶのではないでしょうか。

 

そんな夏休みの楽しい思い出。

お子さん、お孫さんにもう1ページ、作ってあげませんか?

こんなキャンピングカーで、海や山に家族みんなでおでかけをして。

 

キャンピングカーって高いイメージはありませんでしょうか。

高級車が買えちゃう値段なんだろうな・・・と想像してしまいますよね。

実はそんなことありません。

軽のワンボックスを、手軽にキャンピングカーへと変身させられるんです。

 

例えばスズキのエブリイワゴン。

ダイハツのハイゼットだって変身できます。

 

その名も

軽のキャンピングカー変身キット「ちょいCam(キャン)」

 

ちょいCam(キャン)って?

まずはこちらの動画をご覧ください。

女性でも簡単にキットを設置して、短時間にベッドスペースを作ってしまいました。

それこそシートを格納する方が、力を入れないといけないので大変なくらいです。

 

この動画で紹介されているのが

『ちょいCam』の「寝るだけキット」

軽ワンボックスの荷台をベッドに変えるキットです。

 

ちょいCam公式サイトより引用

5分の作業時間であっという間にベッドへと早変わり!

 

このままだと移動できないよね、と思われた方。

ご安心ください。

下の画像のように、移動時はコンパクトに収納できます。

ちょいCam公式サイトより引用

これなら後部座席も使えますし、荷物も載せられます。

 

肝心のベッドスペースも広々と快適!

ちょいCam公式サイトより引用

写真はダイハツのハイゼット。

頭から足下まで1,900mmありますので、足をしっかりと伸ばして寝られます。

ゆったりと寝られるので、翌日には疲れもスッキリ。

キャンプの二日目、三日目も思う存分楽しめますよ。

 

架装を追加して本格キャンピングカーにも

この「寝るだけキット」は、さらに架装を追加してキャンピングカーにすることも可能。

ちょいCam公式サイトより引用

架装を追加すると、収納部分が大幅に増えて快適度がアップ!

 

ちょいCam公式サイトより引用

 

ちょいCam公式サイトより引用

通常のキャンピングカーは荷台部分が大きくて、運転しにくかったり駐車場に困るなどの弊害がありました。

この「ちょいCam」なら、外見は普通の軽ワンボックスと変わりません。

もちろん普段使いもOK!

 

まだ間に合います。

この夏の思い出作り、ちょいCamでもう1ページ追加しませんか?

 

「ちょいCam(キャン)公式サイト」
https://choi-cam.com/