ミヤセ自動車へようこそ!

自動車の世界はまさに日進月歩。

最近では本当に故障が少なくなってきました。

国土交通省の自動車不具合情報ホットラインへの故障の報告が平成16年に6,361件あったのに対して、平成27年には半分以下の2,943件まで減少しています。

 

ブレーキアシストや自動運転などの技術もどんどんと開発が進んでいます。

安全運転をサポートする技術が高まってきたことで、事故の割合も年々下がっているのは皆さんも感じられているでしょう。

平成16年だと事故件数が年間952,720件あったのに対し、平成28年には499,201件と半分近くに減少しています。

 

それほど車が高性能となって、事故・故障が減っているのです。

つまり、車屋さんに行く機会も減っているということですね。

日常生活でどんどんと接点の減っている自動車整備工場…

 

車は命を乗せて走ります。

便利ですが、凶器にもなりうるという側面もあります。

”万が一”が起きてしまってからでは遅い、というのはみなさんも十分ご承知でしょう。

 

さて、ここで質問です。

いくら技術が高まったといっても車はあくまで物、いつ何が起こるか分かりません。

いざ!という時にあなたは、自分の車を信頼して任せることのできる自動車整備工場を知っていますか?

 

YESとお答えになったあなた、おめでとうございます!

お知り合いの整備工場は、あなたにとっても素晴らしい仕事をするはずです。

よいお付き合いが続くことをお祈りいたしております。

 

YESとお答えにならなかったあなた、おめでとうございます!

ミヤセ自動車と出会うができました。

今日この日、ミヤセ自動車との出会いはあなたのカーライフを一変させることになるでしょう。

その理由は何か?

 

あなたにだけお伝えさせていただきます。

 

私どもがあなたのカーライフをどのように変化させるのか。

しばしお付き合いください。

 

地域で一番の安心・信頼できる自動車整備工場を目指して

ミヤセ自動車は創業50年を越えました。

岡崎、美合の地で1967年6月1日に、会長の宮瀬文夫が創業。

それ以来、地域のみなさんと歩んでまいりました。

1968年に名古屋陸運局長から自動車分解整備事業の認証を受け、1972年には民間車検工場の指定も受けております。

自動車整備振興会が認定するCSD(コンピュータ・システム診断)の認定店となったり、

テスターなど設備機器の更新も頻繁に行い、皆さんに最高のサービスを提供できる環境を常に整えることを心がけています。

現在では年間2,000台を越える車検整備を中心に、日本教職員共済生活共同組合・愛知県職員生活組合・愛知県・岡崎市など多数の団体様からの指定も頂いております。

 

ミヤセ自動車の車に対する興味、愛情、エネルギーは留まる事を知りません。

1995年には別会社を立ち上げ、こんなオリジナルカーを限定販売したりもしました。


名前は「コペル ボニート」

日産マーチをベースにした、バンデンプラ(バンデン・プラ)プリンセスADO16のレプリカです。

今から見てもいいスタイリングですよね。

イギリス独特のクラシックな雰囲気と国産車の安全性を併せ持つ車に仕上がったボニートは、岡崎だけでなく全国の車好きの方に受け入れていただきました。

 

前期型は車両の価格を抑えるためにボディをFRPで成型していましたが、これが大きな問題を引き起こす原因に。

この問題を解消するべく、後期型はなんと巨大な金型まで準備して、ボディと同材質の鉄製に変更するという大勝負に出たのです。

他にも苦労話はまだまだたくさんありますが、またの機会にいたしましょう。

 

ミヤセ自動車は設備の充実や技術の向上だけでなく、お客様への貢献こそが第一だと考えております。

地元の学校の社会学習の受け入れ、24時間365日の事故レッカー対応など、他社では行っていないサービスも実施。

毎年秋に開催するお客様大感謝祭は、地元の方に喜んでいただいています。

 

また「社団法人 日本福祉車両未来研究会」の発足にも関わり、福祉車両のレンタル・メンテナンス、電動シニアカー販売などを通じて貢献したいと考えております。

 

社長よりごあいさつ

 

株式会社ミヤセ自動車、代表取締役の宮瀬秀明です。

自動車整備業として、お客様に安心と安全をお約束できる仕事をさせていただき、お客様がお困りの際に、かゆいところに手が届く修理工場であり続けたいとの思いで日々の業務にあたっております。

特に力を注いているのは地域の方の信頼にお答えすべく、24時間365日お客様に対応ができるお店作り。

お近くで急な故障・思わぬ事故があった場合でもすぐに対応できる、地域に密着したところに安心いただいているのではないでしょうか。

 

私が自動車整備工場に入るにあたって、修行という訳ではありませんが、たまたま某トヨタの自動車ディーラーにて整備士を4年間、営業を4年間の合計8年間、技術の習得からお客様との接客、新車の販売に対するノウハウなどを勉強させていただきました。

ミヤセ自動車に24歳で戻り、営業とフロント業務をさせていただきながら、4年前に社長として就任させていただいております。

 

ミヤセ自動車はお車に関することなら自動車の車検・整備から修理、板金・塗装、自動車の販売(新車・中古車問わず)、自動車保険等も全て網羅。

車に関すること全てに対応できるプロが揃っておりますので、気軽になんなりと相談いただいたいと思っております。

 

当社のサービスとして、車検は地域の他社さんに比べて引けを取らない価格設定と、指定工場の資格を持つ工場として1日車検で十分にご納得いただける、ご安心していただける整備をさせていただいております。

最近の車はどんどんと進化していて、新しい技術が車に対してつぎ込まれているのは皆さんも実感されていることでしょう。

その新しい技術に対応できる整備士の育成、新しい素材に対して対応できる設備・工具の導入しておりますので、点検・一般整備・板金・塗装などすべてにおいてご安心いただきたいと思います。

直近では今年の春に、新しく車検の検査ラインを導入する予定。

その設備を入れることで、よりスピーディにお客様へ車検整備をお返しできるのではないかと考えております。

 

現在二代目として経営をさせていただいていますが、ミヤセ自動車は昨年が創業50周年となりました。

今まで培ってきていただいたところを守りつつ、時代に合わせて変えてゆかなければならない部分もあるかと思いまが、なによりもバランスよく、今後さらに50年続けられるように、お客様に満足していただける会社作りをしてゆきたいと考えております。

 

希望・目標は、ミヤセ自動車をこの地域の皆さんがふと立ち寄って、お茶やコーヒーを飲みながら気軽に日常話や雑談をできる、心安らぐ会社として位置付けること。

自動車整備以外の部分でもお客様のお役に立てることがあれば、どんなことでも言って頂ければご相談に乗れる、地域の皆さんにとって無くてはならない企業として成長してゆきたいなと考えておりますので、ミヤセ自動車を今後ともよろしくお願いいたします。